上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンドミ


先日東京の伯母さんから果物とパンが届きました。
叔母さんお勧めの「フォション」のパンドミを食べて衝撃をうけました。。
美味しすぎる・・・私はこういうパンを食べたかったんだ!!!と気づきました(笑)

さっそく真似して作ってみたけど、やっぱりぜんぜん違う。
当たり前のことなんだけど、プロは凄いなぁって思いました。
強力粉で焼いてしまったので、次回は準強力粉で再チャレンジしてみます。

パンドミの意味がよくわからなかったので調べてみました。↓


「パン・ド・ミ」とは、フランス語です。Pain de mieと書いて「パン・ド・ミ」と読みます。これは、直訳すると「中身のパン」となります。

中身のパン、とは、日本人にとっては、妙な表現ですが、基本的にフランス人は、「パン」とは、皮(クラスト)に旨さを感じる人たちですので、皮が多いパンが好まれます。ですので、その意に反した「中身の多いパン」は、フランス人にとっては、「ちょっと普通のパンとはちゃうねんで」という感覚になります。

そして、フランスにおいてのpain de mieは、どのような扱いか、と申しますと、主に「カナッペ」や「サンドウィッチ」などに使われ、日本人が当たり前のように「トースト」している様な食べ方は、フランス人にとっては、特別な食べ方になります。

つまり、フランスにおいてのpain de mieとは、フランスのpain de mieであり、日本における「パン・ド・ミ」とは、すっかり捉え方がずれてしまっている、と考えて良いと思います。

で、日本における「パン・ド・ミ」ですが、これはまるっきり「食パン」と考えて、間違いないと思います。ただ、呼称がフランス風になっているだけ、というだけです。
 
そもそも、pain de mieが日本に広まったのは、10年程前に、フランス系の名前の付いた某店が、山形食パンを「パン・ド・ミ」という商品名で売り出し、それがヒットし、それが原因で、全国に「山形食パン=パン・ド・ミ」となったというだけで、基本的に、パン・ド・ミの定義はとてもあいまいなものである、というのが、私の考え方です。
 
日本においての「パン・ド・ミ」は、フランスのおいてのpain de mieとは、すこし異なっているのは、味覚の好みの違いが大きいと思います。
日本人は、基本的に「もっちり、しっとり」を好みますが、フランス人はそうではありません。ですので、「パン・ド・ミ」とpain de mieが異なるのは、味覚の概念の差異と考える事ができます。

 結論。

日本においての「パン・ド・ミ」とは、基本的に山形食パンのことである。配合上で、特に定義される特徴はなく、形状と呼称が、その特徴だと考える事ができる。主な用途はトースト用、もしくは、サンドウィッチ用であり、それは通常の食パンと、あからさまな差異はない。

もっとぶっちゃけて書いてしまうと、「パン・ド・ミ=山形食パン」と考えても良いと思います。

では、イギリスパンとパン・ド・ミの差異は何か?

これは、配合上の微妙な差でしょう。
イギリスパンは、食パンよりもリーンな生地を使用するのが一般的です。パンドミは、食パンの生地ぐらいのリーンでもなく、リッチでもない生地を使用するのが一般的です(もちろん、いろんな配合があるので、だいたいそのぐらい、という感じです)。


スポンサーサイト
uni.jpg



夏休みもあと少し。
北海道の夏休みは短く19日が始業式である。
早く終わって!と言うのが切なる母の願い。。
正直、すごく充実できたと思うし、楽しかったけど、疲れました。

プールから始まり、海に5、6回行き、キャンプに行き、祭りに行き、、、
ぜーんぶ近場ばっかりだけど、夏を満喫できました。
この夏、息子君はスノーケルデビューをしました。
夢中になって海の中を見てたら、プールで練習してもできなかった浮くことが自然とできるようになってました。すごいぞ!と夫婦で感激。
まだスノーケル遊びをしに海に一回しか行ってないから、まぐれでない事を祈りたい。
娘にもやらせてみたのですが、うまくできませんでした。
来年は頑張ってほしいもんです。
子供達がスノーケルをできるようになったら、南の島に旅行に行きたいです。



ここからはちょっと愚痴。
何が疲れたのか?
三度のごはん作り・・・
パン作りは好きだけど、お料理と言うごはん作りは苦手。
そして、、娘のピアノの練習・・・・
とりあえず、ちゃんと曲を弾けない。テキトーに弾いてごまかそうとする。
いらん口答えを言うので、本気でムカッときます。。
ほっとく事もできないから、横で座ってみてるけど、
それだけでも、かな~りストレスになってます。
息子は真面目な性格なので、ピアノ練習も一人できちんとできるようになってきました。
素直に言う事も聞いてくれるし、練習すれば成果が見られる。
来年になれば、娘もちっとはマシに弾けるようになるのだろうか・・・・・
それまで頑張れるのだろうか……娘?・・・私?


写真は先日、海に磯遊びに行った時に拾った、赤ちゃんウニの殻です。
直径1cm弱~2cmくらいの大きさです。
家に帰ってキッチンハイターで漂白したけど、液が薄かったのか真っ白にはなりませんでした。
小さい瓶に入れて保存してます。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。