上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
koumugi

最近うちのパンは「香麦」という北海道の小麦粉を使って焼いてます。
すごく、もちもちしてねばりがあり、ちゃんとふっくらとしている。
皮はパリっとしてて、かむほど粉の味がする。
「香麦」美味しい!
レシピ通りの水分だとべったりするので、少し水分を控えめにしてこねてます。

パン好きな娘は、パリパリのこの皮がお気に入り。
ごはん好きな息子は、パンにチーズをのせて焼いたらよく食べる。

写真は、型から外す前の焼きたてなんだけど、シズル感でてませんね・・・・
角食をしっかりとした四角にしたいのだけど、分量がつかめず、なかなかできないでいる。
この型、母から譲ってもらった歴史ある?道具。


少し前から、離れたとなりの奥さんに勧められ、借りたマンガにはまってます。
「聖☆おにいさん」すっごく、おもしろいです。

これを読むなら、これも読め!と、さらに夫に勧められて読んでるのが、
手塚治虫さん 「ブッダ」 です。
はまって9巻まで読破したら、頭の中は苦行の事でいっぱい。。

「ブッダ」と「聖☆おにいさん」を交互に読むと楽しさもさらに広がりました~
スポンサーサイト
ココアパン

ずいぶん寒くなりました。
我が家も朝晩ストーブを点け始めております。


粉500g分のココアパン作りました。
ニーダーはいい仕事をしてくれるけど、手作業(ガス抜き&成形)の方はコツがわかってないので、仕事が雑でなかなかうまくいかないです…
本気パンブロガーさんのブログを見たりしてると、凄いんですよね皆さん。。主婦とは思えん…
やっぱ、本気の人って毎日焼いてるのよね、、私は週に半分も焼いてない。
こんな写真アップして恥ずかしいけど、、いつか私にもコツがわかる時がくるのか!?
と…希望を捨てず地道に頑張りたい。

先日、叔母さんがパンを送ってくれました。
リクエストのフォションのパンドミとメゾンカイザーのクロワッサン。
そして、パン通の叔父さんお勧めの「Signifiant Signifie(シニフィアン・シニフィエ)」のパンドミとパンドブラン。

前回はフォションのパンドミに衝撃が走ったけど、
今回はそれを越えた、衝撃のシニフィアン・シニフィエのパンドミ。
もうビックリでした。
めっちゃ美味いし最高でした。
こだわっているだけのある、価値のある味だと思いました。
正月の帰省時にはお店に行ってみたいものです。。。
営業しているか?が問題ですが....

↓本も出版されているようで、思わず買うか!?
と血迷ったけど、レビューを見て、パン職人向き、専門書、温度管理できる方、
などの言葉を見て、無理無理と気持ちを落ち着かせ、冷静になり、いつか大きい図書館に行った時にリクエストするなり借りようと思います。。図書館においてあるのかが問題ですが...


酵母から考えるパンづくり酵母から考えるパンづくり
(2007/04)
志賀 勝栄

商品詳細を見る




イギリス


先日注文していたパン捏ね機&強力粉が届き、毎日パン作りに励んでおります。
2回ほど作ってたけど、いまいち美味しさの違い?がわからなかったのですが、
昨夜焼いた、「絵本から生まれたレシピ」本のきむらかよさんのイギリスパン!
(これは前にも何回か作ったことのあるレシピ。)
めっちゃ美味くできてしまったのです。

そと皮がパリッとしてフランスパンの様な口当たりのパン生地がイギリスパン、
レシピ通り作っても、前まではそんな風にはできなかった。

やっぱりレディースニーダー買って良かった。
品物が届いて、昭和な外見だったので不安を感じていたのだけど、優れものです。
シンプルな物は昔から今も変わらないって事かと、妙に納得。


エコ的?夫に教えてもらいエコなブログパーツ苗木の育成に挑戦。
ブログを更新しないと育たないらしい・・・
枯れさせないようにしなければ…
大丈夫かなぁ。。


あんぱん


久しぶりにパンを焼きました。

夏休みに無性にあんこが食べたくなり、おやつに市販品のつぶあんを使ってみかさ饅頭を作った。あんこを開封したので早く食べないと~と思いつつ半月以上も冷蔵庫に入れっぱなしにしてました。。
あんこが市販品のせいか、食べなれたあんぱんの味がしました。
美味しかったのであんこはあんぱんで消化する事にしよう。

売ってるものはやっぱり美味しく感じて、味を美化してくれるものだなぁ、と思いました。
理想としては自分であんこを作って~・・・一からやってみたいのだけど、
そんなゆっくりした時間もなくて、面倒くさいなと思ってしまう私。。
自分の理想像ができてるような、そんなものは初めからないような、、、、、
只今、がんばれてない自分です。
編み物もサッパリやっていません。


先日、生まれて初めて献血に行きました。
でもその朝に、痛み止めの薬イブを飲んでたため、献血できませんでした。
「次回は12月だからまたその時に来て下さい」とオレンジジュース1本くれました。
なんだか、申し訳ない気持ちでジュースもらって帰りました。。
薬飲んでの献血はできないって知らなかったなー・・・
でも考えたら当たり前の事かと、、恥ずかしかったです。

図書館に家族でお世話になってる我が家なんですが、
司書さんにバーバラークーニーの絵本を紹介されてから
どっぷりとクーニーの世界にはまっております。最高です。


子供の絵本しか読まない私が、最近読書をしました。
小川糸さんの「食堂かたつむり」
なんと3日で読みました。さすがベストセラー!?
amazonのレビューでは賛否両論でしたが、たまたま図書館にあったので借りてみました。
私はすごくおもしろかったです。自分に置き換える部分もあったりで感動しました。
2作目の「喋々喃々」も読んでみたいです。




パンドミ


先日東京の伯母さんから果物とパンが届きました。
叔母さんお勧めの「フォション」のパンドミを食べて衝撃をうけました。。
美味しすぎる・・・私はこういうパンを食べたかったんだ!!!と気づきました(笑)

さっそく真似して作ってみたけど、やっぱりぜんぜん違う。
当たり前のことなんだけど、プロは凄いなぁって思いました。
強力粉で焼いてしまったので、次回は準強力粉で再チャレンジしてみます。

パンドミの意味がよくわからなかったので調べてみました。↓


「パン・ド・ミ」とは、フランス語です。Pain de mieと書いて「パン・ド・ミ」と読みます。これは、直訳すると「中身のパン」となります。

中身のパン、とは、日本人にとっては、妙な表現ですが、基本的にフランス人は、「パン」とは、皮(クラスト)に旨さを感じる人たちですので、皮が多いパンが好まれます。ですので、その意に反した「中身の多いパン」は、フランス人にとっては、「ちょっと普通のパンとはちゃうねんで」という感覚になります。

そして、フランスにおいてのpain de mieは、どのような扱いか、と申しますと、主に「カナッペ」や「サンドウィッチ」などに使われ、日本人が当たり前のように「トースト」している様な食べ方は、フランス人にとっては、特別な食べ方になります。

つまり、フランスにおいてのpain de mieとは、フランスのpain de mieであり、日本における「パン・ド・ミ」とは、すっかり捉え方がずれてしまっている、と考えて良いと思います。

で、日本における「パン・ド・ミ」ですが、これはまるっきり「食パン」と考えて、間違いないと思います。ただ、呼称がフランス風になっているだけ、というだけです。
 
そもそも、pain de mieが日本に広まったのは、10年程前に、フランス系の名前の付いた某店が、山形食パンを「パン・ド・ミ」という商品名で売り出し、それがヒットし、それが原因で、全国に「山形食パン=パン・ド・ミ」となったというだけで、基本的に、パン・ド・ミの定義はとてもあいまいなものである、というのが、私の考え方です。
 
日本においての「パン・ド・ミ」は、フランスのおいてのpain de mieとは、すこし異なっているのは、味覚の好みの違いが大きいと思います。
日本人は、基本的に「もっちり、しっとり」を好みますが、フランス人はそうではありません。ですので、「パン・ド・ミ」とpain de mieが異なるのは、味覚の概念の差異と考える事ができます。

 結論。

日本においての「パン・ド・ミ」とは、基本的に山形食パンのことである。配合上で、特に定義される特徴はなく、形状と呼称が、その特徴だと考える事ができる。主な用途はトースト用、もしくは、サンドウィッチ用であり、それは通常の食パンと、あからさまな差異はない。

もっとぶっちゃけて書いてしまうと、「パン・ド・ミ=山形食パン」と考えても良いと思います。

では、イギリスパンとパン・ド・ミの差異は何か?

これは、配合上の微妙な差でしょう。
イギリスパンは、食パンよりもリーンな生地を使用するのが一般的です。パンドミは、食パンの生地ぐらいのリーンでもなく、リッチでもない生地を使用するのが一般的です(もちろん、いろんな配合があるので、だいたいそのぐらい、という感じです)。


goma.jpg


6月の初め頃に作ってた我が家の朝パン。
ごまの香りがして美味しかったです。
食パン


今週末も町から一歩も出なかった。
車で1時間もかからない、隣町まで行くのも億劫になってしまいました。
この町に越してきて、一年ちょっと経ちました。
住みやすい町だから?出なくなったのかも知れないなぁ~+思考です。

今日は朝からあいにくの雨。。
夫の反対と子供達の遊んで♪~を無視し一気に部屋の模様替えをしました。
久しぶりの大移動にちょっと大変だったけど、なんとか綺麗に納まったかな。
イメチェンできて気分もスッキリです。

最近のうちパンは、食パンばかり焼いてます。
少しのイーストでゆっくり発酵パン
この本見ながら作ってるんですが、本当にすっごく美味しくできるのでびっくりです。
高橋さんってすごい方だなぁと尊敬してます。
徐々に難易度の高いレシピに挑戦していきたいです。

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。